関東懐旧街 ~猫屋横丁の古い町並み~

関東に残る昔ながらの町並みの探索記録  主に宿場町や河岸の町、東京の下町などをご案内しております

まとめサイトをはじめとした悪質サイトによる画像の無断盗用が後を絶たないので、今後は過去に紹介した記事を限定公開とさせて頂きます。
FC2のブロとも様とパスワードをお持ちの方のみが過去の記事を閲覧できます。ブロとも希望の方とパスワード希望の方は申請して下さい。
無断で画像を使用しているサイトには画像の使用料を請求します。

志木市本町地区・再訪編(1) 志木駅東口、本町5・6丁目  

画像の無断転載禁止

当サイトはNAVERまとめ KAUMOなど まとめサイトによる画像転用を一切認めていません。


【埼玉県志木市    東武鉄道 東上本線・志木駅】

志木市本町地区の再訪編  主に新河岸川舟運と脇往還の要衝として繁栄した旧引又宿を中心にご案内します


この町の歴史を説明していると余りにも時間が掛かり過ぎるので、この章ではそれらに手を付けません。

既に多くの人がウェブサイトで詳しい解説を行っておりますので、当方は引又に残る古い建物探しに焦点を当てて行きます


2013年に引又をご案内した記事のご用意もあります。こちらも是非併せてご覧ください

■舟運で栄えた河岸のまち、志木市・引又宿


では早速、ご一緒に歩いてみる事にしましょう



1-2018志木駅1
再開発によって都市化が完了した志木駅東口、駅前の古写真が残されていますが当時の面影は皆無 

私が初めて志木駅に訪れたのは今から16年前となりますが、その頃から既に現在のような状態でした。





1-2018志木駅2
志木市本町5丁目、志木駅の東口から北北東へ延びる駅前バス通り(県道244号) 

古道・鎌倉街道や奥州街道の町場として栄えた引又宿は、この道筋を進んだ先を流れる新河岸川付近に形成されていました。





1-2018志木駅3
拡幅とビル化が進んだバス通りの東側です。この界隈も開発に拍車が掛かりマンションなどが増えています。





1-2018志木駅4
一軒の古い商店建物と入母屋の旧家がありますが他には取り立てて面白い物はありません。





1-2018志木駅5
本町6丁目、こちらは駅前バス通りの西を走る並行道です。

この西側を走る道と駅前バス通りが概ね昔の脇往還であり、この付近では引又街道(のちの志木街道)と呼ばれていました。





1-2018志木駅6
引又宿のあった本町1丁目へ向かい 先ずは西の道筋を進んでみる。   





1-2018志木駅7
柵が張られていますが昔ながらの園芸資材店が残っています





1-2018志木駅8
かなり古い建物のようです





1-2018志木駅9
同じく西の通り路、ここには以前にも一度ご紹介した事のある木造民家などが散在しています





1-2018志木駅10
以前にも増して熟成が進んできました





1-2018志木駅11
一方こちらは駅前バス通り    





1-2018志木駅12
そのまま駅前バス通りを北へ進むと街の景色は一変、本町五丁目交差点より北側には開発未着手の町並みが残っています





1-2018志木駅13
板金仕様のレトロ民家 





1-2018志木駅14
ここは志木駅と旧町地区の中間に位置する場所ですが、引又宿に対し大正時代の駅開業後に拡大した町域と考えられます

断言は出来ませんが、当時は「東町通り」と呼ばれていた商店通りと推察します





1-2018志木駅15
同地区、農家の納屋のようにも見えます。 この付近では半農を営む商家も存在したという事なのでしょうか





1-2018志木駅16
以前は米穀店だった記憶のある町屋造り建物、現在は児童施設として再利用されている模様





1-2018志木駅17
裏通り





1-2018志木駅18
志木駅前から続いてきた商店通りの北側を見る。  





1-2018志木駅19
昭和期の面影が残る理容店と青果店など





1-2018志木駅20
以前は外に沢山の水槽が並べられていた釣具店さんがあります  

店舗部分は昭和期に改築されたと見受けられるが建物自体は結構古そうです。筆文字で書かれた看板がとても良いですね





1-2018志木駅21
同地区の商店建築





1-2018志木駅22





1-2018志木駅23
理容店と果物店は連結式構造となっている





1-2018志木駅24
反対から見てみる





1-2018志木駅25
この場所は駅前から延びる二本の主要道、駅前バス通りと西の並行道が合流する地点である 

逆の方向から見た場合は道の分岐点となりますが、この地点からは放射状に街路が広がっています。





1-2018志木駅26
先ほどの果物店と理容店は中州のような場所に立地している 





1-2018志木駅30
周囲は区画整理された住宅街となっており新築住居や一昔前の家屋などが混在する。





1-2018志木駅31
裏通りなども歩いてみると面白い発見があります




1-2018志木駅32
興味深い建物を見つけました  昔は何のお店だったのでしょうか





1-2018志木駅27
合流した道(県道244号)は引又宿跡へ向かって続いています。

ここは昔のままの道幅に古い商店が立ち並ぶ貴重な場所でしたが、気付けば古い建物は少なくなってしまいました。
   




1-2018志木駅28
以前は隣の駐車場に平屋建ての木造長屋が立っていましたが何時の間にか姿を消してしまいました。





1-2018志木駅29
金物店さんの旧式建物が残っていますが、ここは歩道も狭いので道路の拡幅工事は当然ながら計画されていそうです


志木市本町地区・再訪編(2)へ続く


関連記事
web拍手 by FC2


▲Page top