関東懐旧街 ~猫屋横丁の古い町並み~

関東に残る昔ながらの町並みの探索記録  主に宿場町や河岸の町、東京の下町などをご案内しております

まとめサイトをはじめとした悪質サイトによる画像の無断盗用が後を絶たないので、今後は過去に紹介した記事を限定公開とさせて頂きます。
FC2のブロとも様とパスワードをお持ちの方のみが過去の記事を閲覧できます。ブロとも希望の方とパスワード希望の方は申請して下さい。
無断で画像を使用しているサイトには画像の使用料を請求します。

加須(3) 土手1丁目・中央1丁目の町並みを探索  

画像の無断転載禁止

当サイトはNAVERまとめ KAUMOなど まとめサイトによる画像転用を一切認めていません。

過去にご案内した町並みの記事は、FC2の「ブロとも」様と当サイトのパスワードをお持ちの方だけが閲覧可能となります。

FC2の「ブロとも」をご希望の方はサイドバー上部にある「ブロとも申請フォーム」をご利用下さい 

当サイトのパスワードご希望の方は必ずお名前と返信先等を明記にてコメント欄かメールフォームにてご連絡下さい。 


常識の無い方、白紙状態または記事数の少ないブログ様からのパスワード申請は承認をお断りしています

ご不便をお掛けしますが何卒ご理解のほどお願い申し上げます。





【埼玉県加須市  東武伊勢崎線・加須駅 北口】


加須市の旧市街地散策編、引き続き駅前エリア西側一帯に広がる町並みを散策します


3-2017加須1
前回ご案内した商店通り「一番街商店街」  今回は一番街の西側に広がる中央1丁目と土手町の家並みをご案内

   



2017加須市略図1300-2
位置関係は略図をご参照下さい 





3-2017加須4
一番街から土手町方向へ延びる街路道から見ていきましょう。ここには時代の流れを感じさせる木造建築が固まっています   





3-2017加須5
古くから織物産業や生糸の取引きが盛んで市も開かれていた加須には、それに関連する縫製工場、機屋、被服店などが多く存在する 





3-2017加須6





3-2017加須7
質素な家屋ですが二階の開口部にお多福窓を用いるなど上手くバランスが取れている建物です





3-2017加須8
近くには年季の入った木造建物が点在しています





3-2017加須9
中央1丁目、こちらは衣類や服飾に係わる個人商店のようです





3-2017加須22
こちらも衣料製造に紐づく作業系の建物と思われます





3-2017加須12
今は散漫としていますが鯉のぼり製造が隆盛を極めた時代は 多くの人で賑わいを見せていた事でしょう





3-2017加須11
古い建物の固まる一角を裏手から見てみる





3-2017加須10





3-2017加須13
中央1丁目、一本南側の街路には三段式屋根の古商店が残る   





3-2017加須14
看板等は外されていますが、この店構えから推察するとお米屋さんか酒屋さんの建物であったと思われます。

荷車を横付けし荷物の積み下ろしを行っていた光景が目に浮かびますよね  





3-2017加須17
一番街から西へ延びる昔道、中央町と土手町の町境付近です  





3-2017加須18
レトロなクリーニング店さん





3-2017加須21
加須市土手1丁目





3-2017加須20
立派な門扉だけが残され更地となった大きな屋敷があります 





3-2017加須19
土手1丁目、薬師尊というお堂がありますが詳細は不明  写真では解り難いですが門の両側には仁王像が直立している





3-2017加須42
一帯は加須駅の開業後に拡大した町域と考えられますので、道幅は狭いですが比較的整然とした区画が広がっています





3-2017加須23
都市部では姿を消しつつある屋根付き月極駐車場も現れました 





3-2017加須41
少し広い街路、鯉のぼりや人形なども扱われていた おもちゃ屋さんの跡





3-2017加須24
土手町の町並み  この付近は後にご案内する旧街道沿いの商店街「礼羽共栄会商店街」の標札が掲げられている 





3-2017加須15
新築の住宅も増えてきていますが、狭い路地などを歩いてみると平屋建ての古民家などを結構見付けられます





3-2017加須16
奥まった場所に大きな寄棟屋根の家屋が隠れています





3-2017加須25
雑草に覆われた広い敷地の中に寂しく取り残された家が存在する





3-2017加須26
文豪が住んでいそうな雰囲気の建物ですが、私の知る限りでは長く空き家の状態が続いています 





3-2017加須28
寄棟平屋建ての主屋に洋館風の別棟が備わる  





3-2017加須27
戦前の頃に流行した和洋折衷様  詳しい事は解りませんが それなりの品格を持つお宅であったと考えられます。





3-2017加須29





3-2017加須30
周囲の踏査を続けます  





3-2017加須31
先程の洋館から旧街道(本通り)の走る方向へ歩いてゆくと何やら人の気配の無い場所に行き着きました





3-2017加須33
道は門扉の前でT字路に分岐している模様、少々薄気味悪いですが先へ進んでみる事にします 





3-2017加須35
細い通路道が延びています 

加須は何度も訪れていますが此の場所は初見です





3-2017加須37
通路を進んだ先に家屋が見えてきました





3-2017加須36
細い通路を潜り抜けた場所   今は更地が広がっていますが昔は衣料関連の工場や倉庫などが密集していたと思われます





3-2017加須34
今度は通路の反対方向へ進んでみる 

こんな場所で誰とも出会う事は無いと思っていたところ外国人女性と擦れ違いました





3-2017加須38
そのまま何となく細い通路を進んでゆくと





3-2017加須39
トタンの建物が倒壊しており 道は行止まりとなっていました





3-2017加須40
次回は加須駅前の東側、千方神社の周辺に展開する「千方商店街」や「中央光栄会」などを歩きます 



加須の古い町並み散策編(4)へ続く



関連記事
web拍手 by FC2


▲Page top