関東懐旧街 ~猫屋横丁の古い町並み~

関東に残る昔ながらの町並みの探索記録  主に宿場町や河岸の町、東京の下町などをご案内しております

まとめサイトをはじめとした悪質サイトによる画像の無断盗用が後を絶たないので、今後は過去に紹介した記事を限定公開とさせて頂きます。
FC2のブロとも様とパスワードをお持ちの方のみが過去の記事を閲覧できます。ブロとも希望の方とパスワード希望の方は申請して下さい。
無断で画像を使用しているサイトには画像の使用料を請求します。

脇往還の市場町で栄えた原市の古い町並みを歩く(2)  

画像の無断転載禁止

当サイトはNAVERまとめ KAUMOなど まとめサイトによる画像転用を一切認めていません。


【埼玉県上尾市  埼玉新都市交通伊奈線・原市駅/沼南駅】

古くから市場町(市場集落)として栄えた上尾市原市の町並みを引き続きご案内します



02-2018原市1
旧中町、前回ご案内した長屋門から原市大通りを北西へ歩を進めてゆきます。 





02-2018原市2
原市の町が形成された脇街道「菖蒲往還」は中山道の裏通り的な道筋でしたが、昔は相応に主要な道であったそうです。

藩政時代には この脇往還を好んで参勤交代道に使う大名も幾らか存在したとの事です。

但し宿泊するとなれば公的宿駅である大宮宿か鴻巣宿という選択肢となった事でしょう





02-2018原市3
今は使われていない商店跡があります。後方には道路から引いた位置に建てられた「前庭式」の古商店が確認できます  





02-2018原市4
原市の旧町場である原市大通り中ほど。 ここまで来るとニューシャトル原市駅より沼南駅の方が近いです
 




02-2018原市5
同じく六斎市を行うための空間であった前庭を廃し建物が増築されている古商店  


明治期に原市の「三八の六斎市」は最盛期を迎える。

綾瀬川舟運による物流も確保していた原市には肉屋以外は何でも揃っていたそうで、当時は上尾や大宮からも買い物客が訪れていた模様


それまで中山道の小さな宿場町であった上尾宿に鉄道駅が開設されたのちは、中心市街地としての繁栄は次第に上尾へ移行します

しかし原市で開かれていた六斎市はその後も雛市、金魚市、植木市と名を変えながらも昭和50年代まで存続していたそうです。





02-2018原市6
通り沿いには短冊形敷地の家々が並んでおります。一見すると普通に思えるお宅でも敷地の奥行きはご覧の通り  






02-2018原市7
取り分けこちらの商店さんでは圧巻の光景を目にすることが出来ます





02-2018原市8
西へ延びる商店横の路地を見てみましょう





02-2018原市9
原市大通りと並行する第二産業道路付近まで塀垣が続いています





02-2018原市10
鰻の寝床状の敷地内には土蔵や納屋などが備わる。

緑の生えた空き地には大きな切り株が幾つか残っていますので、昔は路地沿いに樹木が立ち並んでいたのでしょう。





02-2018原市11
第二産業道路側から望む敷地の最深部  

ところで第二産業道路からニューシャトル沼南駅へ延びる駅前通りを、どうやらこの場所に新設する予兆が見られます。





02-2018原市12
駅通りがここを通るとなれば路地の拡幅は必須となります。従ってこの貴重な町景観は消滅してしまう事となります。





02-2018原市13
原市大通り    旧町割り区分の中町から上町へと歩を進め原市の氷川神社を目指します。  





02-2018原市14
蔵造りの古い商家と奥深い敷地が状態良く残っています





02-2018原市15
回り込んで同じ場所を裏手から見てみる  

このように昔のままの敷地が残っている場所と、細分化された敷地に新築住宅が固まる場所とが混在しています。





02-2018原市16
見世(主屋)は失われているが白漆喰の袖蔵と中蔵が現存する旧商家さん  





02-2018原市17
同屋敷内、細長の敷地に年代別建物が連結しています





02-2018原市18
これより北側が旧上町ではないかと思います。 更地化された場所には確か昭和期の建物が並んでいたはずです。





02-2018原市19
更地化された場所は宅地分譲されそうな雰囲気ですが一軒だけ取り残された小屋が気になります。





02-2018原市20
この蔵造り建物は解体撤去された隣の建物と密着していましたので、以前はこの側面を目にする事は出来なかった。 





02-2018原市21
やはり前庭の設けられた構造となるが、さいたま市の与野本町通りに残る同世代建物と仕様がよく似ていると感じます 

現在は会社さんの倉庫のような場所として再利用されている模様、いつまでも残して欲しい建物であります。
 




02-2018原市22
蔵造り建物の向かい側のクリーニング店




02-2018原市23
後方には立派な建物が隠れています。この駐車場にも以前は建物が立っていましたので初見となります。





02-2018原市24
質素な造りの建物ですが、かなり奥深くまで敷地が延びています





02-2018原市25
同地区の短冊形空き地  





02-2018原市26
そのまま道筋を進んで原市の氷川神社に到着しました。 この場所は旧五ヶ町の上町にあたると思われる。  




02-2018原市27
火の見櫓と氷川神社鳥居、当社の御祀神は素戔嗚尊



7氷川神社 (8)
クリックすると案内板が拡大します




02-2018原市28
気になったのが参道に並ぶ昔ながらの家屋




02-2018原市29
神社の参道に民家が立ち並ぶ光景は他社でも目にした事がありますが、どれも趣き深い物を感じます。





02-2018原市30
原市の旧五町のうち 中町、上町、上新町の御鎮守様である原市氷川神社にて参拝が叶いました



7氷川神社 (6)
かなり興味深い内容のことが記されています

次回は原市大通り北側の町並みを歩きます


原市の古い町並み編(3)へ続く

関連記事
web拍手 by FC2


▲Page top