関東懐旧街 ~猫屋横丁の古い町並み~

関東に残る昔ながらの町並みの探索記録  主に宿場町や河岸の町、東京の下町などをご案内しております

まとめサイトをはじめとした悪質サイトによる画像の無断盗用が後を絶たないので、今後は過去に紹介した記事を限定公開とさせて頂きます。
FC2のブロとも様とパスワードをお持ちの方のみが過去の記事を閲覧できます。ブロとも希望の方とパスワード希望の方は申請して下さい。
無断で画像を使用しているサイトには画像の使用料を請求します。

加須(9) 本町商店街 その3 本町交差点周辺を歩く  

画像の無断転載禁止

当サイトはNAVERまとめ KAUMOなど まとめサイトによる画像転用を一切認めていません。

過去にご案内した町並みの記事は、FC2の「ブロとも」様と当サイトのパスワードをお持ちの方だけが閲覧可能となります。

FC2の「ブロとも」をご希望の方はサイドバー上部にある「ブロとも申請フォーム」をご利用下さい 

当サイトのパスワードご希望の方は必ずお名前と返信先等を明記にてコメント欄かメールフォームにてご連絡下さい。 


常識の無い方、白紙状態または記事数の少ないブログ様からのパスワード申請は承認をお断りしています

ご不便をお掛けしますが何卒ご理解のほどお願い申し上げます。





【埼玉県加須市  東武伊勢崎線・加須駅 北口】


藩政時代は脇往還の宿場町的な町場でもあった「本通り」を中心に加須市本町の町並みを引き続きご案内


9-2017加須1
本通りを中心に組織される本町商店街

前回ご案内した美容室の路地から東を見る。 残念ですがこの付近は更地が目立つようになってきました        






9-2017加須41
両隣が空地となった自転車店さん  

テント式の看板は古いものではなさそうです。たぶん昔は何か他の商店だったのかもしれないです。






2017加須市略図1300-3
位置関係は略図を参考にして頂きたいです





9-2017加須3
江戸時代には旅籠も存在していたと考えられる本通り   本町交差点にかけての範囲に個人経営の地元店が並ぶ
   





9-2017加須4
まず通り南側の商店を見てみましょう   奥深くまで建物が延びる古い敷地割り形態が認められます。






9-2017加須5
表通りに面する店舗部分は近代の物ですが、かなり古いと思われる建物が短冊形敷地の奥深くまで延びている






9-2017加須6
こちらが南の裏通りに面する短冊形敷地の最奥部   





9-2017加須8
先程の自転車店さんも裏通りまで敷地が続いています 





9-2017加須7
同じく表通りに立ち並ぶ商店群の裏手口   

本通りは「会の川」の自然堤防上を走っているため この付近の地形には高低差があります





9-2017加須9
本町商店街、本町交差点付近  

大辻からこの付近にかけて加須の中心街として賑わいを見せていた物と考えられます。





9-2017加須11
何となく閑散としてしまった三叉路「本町交差点」    三叉路から北へ延びる道を少し歩いてみましょう 






9-2017加須12
この道も利根川流域の大越や北川辺の方向へ続いていた道筋で、地元では「大越新道」と呼ばれているそうです。






9-2017加須14
通り沿いの古い土蔵  お店の一部として使われていた模様   





9-2017加須18
裏手から





9-2017加須13
大越新道の「松本医院」さん   センスの良い洋館風の医院建築は大正時代初期に建てられた物である。






9-2017加須15
周囲の家並み(本通りの北を走る裏通り)





9-2017加須17
同地区  





9-2017加須19
大越新道から望む会の川   対岸は加須市睦町






9-2017加須20
本町交差点の三叉路から本通りを東へ歩くと 存在感のある二軒の古い商店が見えてきます 






9-2017加須21
新井商店(新井与三郎商店)の銅板建築

逆光申し訳ないですが見事な銅板葺きの建物は昭和11年の建築との事、昔は自転車の卸売業を営んでおられたそうです。






9-2017加須23
新井商店の向いの立つ町屋系古商店、こちらの建物の詳細は解りませんが大正~昭和初期の物と考えられます。






9-2017加須25
商店の隣、こちらには衣料製造に関連する古い工場がありましたが少し前に解体撤去されてしまったそうです。






9-2017加須27
以前は大きな工場建物が並んでいました広大な敷地だけが残されている  感慨深いものを感じる光景です。





9-2017加須26
工場跡地に接した商家の一間だけが残されています。 






9-2017加須28
以前は壁伝いに延びていた路地の跡が寂しく残っています  






9-2017加須29
  




10-2017加須1
本通りを東へ歩を進めます   湾曲した道の先に本町と東栄町の町境が見えてきます





10-2017加須2
ドラッグストアなどに囲まれ孤立した古老商店 





10-2017加須3
次回ご案内する東栄町と本町の町境まで来ました





10-2017加須4
東栄2丁目、町境に立つ旧商店   既に看板は下されていますが街路灯には「日の出めん」と書かれています。





10-2017加須6
東栄2丁目、蓮見洋裁店さん   注文服の製造や服の仕立直しを行っている模様





10-2017加須7
ドラッグストア駐車場から   洋裁店さんの工場は採光を考慮した配置となっている






10-2017加須5
一角を裏手から






9-2017加須32
本通りと並行する南の裏通りを見てみましょう。この道沿いにもレトロな建物が点在しています





9-2017加須33
南の裏通りには小規模な個人商店が多い






9-2017加須34
カメラを構えていたら御年配の女性が「ツバメの巣を撮っているのかい?」と言いながら自転車で通り過ぎて行った。


加須ではこうして地元の人に積極的に声を掛けられる出来事は珍しい事ではなく 、町の人達は世話好きでとても親切である。

町歩きを続けていると来訪者に対し開放的な町と閉鎖的な町が存在する事に気が付きますが、加須はどちらかと言えば友好的な人が多い町だと感じます。






9-2017加須35
加須市本町   





10-2017加須41
本町には旧日本軍に絹ベルトを供給していた日本特絹工業さんの社屋と工場があります(現在は駅南に新拠点)






9-2017加須36
製糸工場の周辺、ここには昔から手付かずの古民家地区があります






9-2017加須37
工場の壁伝いに続く通路道に平屋建ての古民家が列なる






9-2017加須38
 




9-2017加須39
本通りに残る商家と並び大変貴重な場所であると言えます





9-2017加須22
次回は旧市街の東端に位置する東栄の町並みを歩きます  



加須の古い町並み散策編(10)へ続く


関連記事
web拍手 by FC2


▲Page top